キャプテン翼たたかえドリームチームスコアメモ

キャプテン翼たたかえドリームチームの攻略、参考データやイベント内容、検証したことをまとめていきたいと思います。

ツバサ杯について振り返る

ツバサ杯について振り返りたいと思います。

まず、参加者総数はスタンダードで約22000人、プロフェッショナルで約11000人でした。印象としてはいつもとそんなに変わらないのではないかと思いますが、前回までのデータがないので詳しくはわかりません。

ツバサ杯参加者数(左:スタンダード、右:プロ)
ツバサ杯参加者数(左:スタンダード、右:プロ)

私はいつも3~5段あたりですが、いつもどおり3000~4000位です。プレイヤーの増減はそれほど変わっていないと思います。

 

上位陣のデッキについて19~21日にかけて少し調べてみました。

上位陣のデッキ選定方法は総合力、S技のスキルレベル合計値(1デッキあたり)等です。約100デッキだけではありますが、チーム構成の割合は力:速:技:混合=5:3:1:1でした。速が力を追っている状況で、技が縮小しているというのが伺えます。別勢力として混合チーム(日本、日本南米、欧州)が少しずつ増えてきているようです。

また、総合力は関係ないという意見もあると思いますが、総合力の平均値を見ると力は約83万、速は約81万、技は約81万、混合は約80万でした。力が少し他より上回っていることがわかりますが、このぐらいの差であれば速は属性差で有利になるでしょう。

1デッキあたりS技合計値の平均は属性ごとにはデータを取っていませんが、約490でした。900を超える人もいたり、300ぐらいの人もいるなど、ポイントを絞る等、いかに効率よく振るかが大事だということでしょう。また、ブロック技やフェス限カルツのようなパスカット技、ドリコレ松山のタックル技に振っている人が多くなってきてます。オフェンス、キーパーの次はディフェンスということでしょう。

次に、キャラクター使用率を属性ごとに調べてみました。先ずは力属性から見ていきましょう。

力属性キャラ使用率ランキング

キーパーはほぼ若林でしたが、僅かに代表ヘルナンデスが使用されていました。続くのはフェス限や代表選手です。潜在覚醒によって強力になった王者南葛翼、ライオンハートロブソンもバフやデバフのためですが、とても多かったです。

続いて、速属性を見てみましょう。

速属性キャラ使用率ランキング

ロベルトが圧倒的に多く、続いてフェス限です。キーパーはミューラーが約6割で、残りを若島津、サリナスでドリコレヘルナンデスも少数いました。速属性では他属性と違って、ランイベ報酬の選手である葵や翼を使っているデッキも多く確認できました。他属性ではランイベ報酬のキャラの使用は確認できませんでした。

では、次に技属性を見てみましょう。

技属性キャラ使用率ランキング

技属性はキーパーがいまだに2017代表若林が多く、最近出た技サリナスの使用率は僅かでした。より強力なキーパーを待っているユーザーが多いのかもしれません。オフェンスにおいては、得点の主軸は火野、サンターナが多く、中盤に得点力のある選手はいませんでした。潜在ディアスがその役割を果たせるかが注目です。

これらはあくまでたった約100デッキを調査した結果にすぎませんが、いろいろと傾向は見えてくるのではないでしょうか。

フォーメーションについても見ましたが、3-1-3-3、4-1-2-3、3-2-3-2、4-1-3-2が約25%ずつでした。日本選手が多いチームはフィジカルフォメを使用している人が多かったものの、だいたいはオフェンス重視のフォーメーションでした。それと、3-2-4-1や4-2-3-1も僅かにいました。

以上ですが、デッキを見るだけで相当な時間がかかったので、次回以降はさらっとだけ見ていこうと思います(笑)

 

ノートラップランニングボレー隼シュートのポスト率

ドリコレ新田のメイン必殺技であるノートラップランニングボレー隼シュートのポスト率が非常に高いと言うことで検証してみました。試行回数は100回と少ないので参考程度にしかなりません。

検証方法としては、以下のとおりです。

・【疾走する隼】新田瞬を使用(ドリコレ新田を持っていないので)

・C技ノートラップランニングボレー隼シュートを100回使用(スタミナ効率)

・周回シナリオはトレーニングキャンプ(メダル集めのついでに)

【疾走する隼】新田瞬
トレーニングキャンプを周回
【疾走する隼】新田瞬でトレーニングキャンプを周回

延々とパス、シュートを繰り返しました。100回ではなく1000回ぐらいやれば、より正確な確率を出せると思いますが、限界です(笑)

結果は以下のとおりです。

新田瞬のノートラップランニングボレー隼シュートにおけるポスト率検証結果

ポスト率検証結果

高いポスト率であることがある程度証明されたと思います。71~80回においてはキーパーを抜いてそのままゴールしたのは40%と非常に低く、決まる気がしませんでした。原作においてもゴールシーンはほとんどない新田ではありますが、せめてキーパーを抜いたらゴールさせてほしいものです。このポスト率であるならばドリコレ新田の特技も40%アップではなく、50%アップぐらいでも良かったのでは?と思います。

以上、ポスト率の検証結果でした。

参考になれば幸いです。

石崎了の考察 更新1/18

【根性をみせる南葛DF】石崎了の考察

【根性をみせる南葛DF】石崎了

【根性をみせる南葛DF】

新特技が実装されました。自動ブロックと自動パスカット両方です。

しかも、発動率70%と非常に高いです。自動ブロックの有効性はさほど感じない方もいると思いますが、自動パスカットの方はフェス限カルツやフェス限ブンナークで嫌な思いをしてきた方はたくさんいると思います。

また、速属性染めチームを組んでいる方にとってはDFの自動パスカット持ちが、イベント産の浦辺しかいなかったので待望の高確率自動パスカット持ちではないでしょうか。

弱点があるとすれば、タックル値が低いため、ドリブラーには弱いといったところでしょうか。しかし、強引なパスカットEX技をMAXで持っていれば、中途半端なドリブルはパスカットで全て取るでしょう。そのぐらい強力です。

 

【燃える闘魂】石崎了の考察

【燃える闘魂】石崎了

【燃える闘魂】石崎了の考察

 一言で表すとブロック特化型の選手です。石崎と言ったら顔面ブロックというくらいブロックのイメージが強いため、原作そのままではないでしょうか。実際に対峙すると読み合いというのが無駄なくらいブロックを選択するだけで大抵のものを止めてしまいます。試合終盤になってスタミナが少なくなれば、特技火事場の底力の効果でさらにブロック値は大きくなります。中途半端な選手はマッチアップしたくないでしょう。

しかし、実装当時に比べて、最近はオフェンス力の高い選手・技がFWにもOMFにも実装されてきたため、ドリブルやパス、ワンツーで突破されることも多くなってきました。ドリブルを警戒してタックルS技を積んでも、元々のタックル値が低いため、なかなか厳しい現状です。

とは、言ってもブロック値は特筆すべきものであるため、それを伸ばしていくのがベターなのではないかとも思うところです。

なお、火事場の底力の本領発揮はだいぶスタミナが減ってからなので、効果は半分ぐらいと思った方が良いです。以下を参考にしてみてください。

スタミナ系特技について(渾身の一撃、火事場の一撃、火事場の底力)

新田瞬の考察

 【神速隼ファイター】新田瞬の考察

【神速隼ファイター】新田瞬

【神速隼ファイター】新田瞬

 フェス限というだけあって、総合的に高次元でバランスが取れている良いキャラクターだと思います。新田の中ではもっとも優れています。特徴的なのはスピードで、最終ラインを突破したら多くのディフェンダーを置き去りにできるでしょう。

 しかし、シューターとして現環境下ではそれほど強くはありません。最新のフェス限選手と比較するとシュート値が低く、特技である読み勝ちマスターもキーパーには発動しないという欠点があります。また、最近は通常ガチャ産の選手でもこの新田のシュート値を上回る選手が多数登場しています。FWとして求められるのは主に得点力です。

とはいえ、まだまだ十分に決定力はあります。

強化の方向性としてはシュートを強化するのはもちろんで、他をバランスよく育てることでしょう。読み勝ちマスターという特技を活かして、ドリブル、パス、シュート、タックル、パスカットと選択肢を多くして、相手守備網を突破するのを持ち味にするのが良いと思います。

 【ゴールへの執念】新田瞬の考察

【ゴールへの執念】新田瞬

【ゴールへの執念】新田瞬

国籍リンクをフルに発揮できた場合、フェス限新田よりもドリブル、シュートが強いです。フェス限新田のシュートはキーパーに届いた時には特技である読み勝ちマスターが発動しないため、こちらの新田の方がシュート力に関しては強いです。

フェス限に劣る部分として挙げられるのは、シュートの必殺技威力が低いこと、パス値やパスカット値が低いところでしょうか。隼シュートはS99まで育てても415しか威力がありません。フェス限新田のハイスピードランニング隼シュートはS99で450です。必殺技威力でフェス限との差を調整されてるようです。また、パスやパスカットの値が低いということはオフェンス、ディフェンスの選択肢が一つ少ないということも意味します。

強化の方向性としては、短所には目を瞑り、長所を活かすことでしょう。ドリブル、シュート、タックル、スピード、パワーの強化です。低い浮き球が得意なのでボレー技を強化するのも良いと思います。

ドリブルが強いのにドリブル技がないという欠点もありますが、ドリブル技は連盟ガチャから出る新田が持っています。何とかゲットしてそちらから移植しましょう。

【イベント】ドリコレ、潜在覚醒、ツバサ杯、チャレンジロードについて

ドリコレのお知らせがきました。

【ドリコレ】石崎 了(根性をみせる南葛DF) 新田 瞬(大友中のエース)

【ドリコレ】石崎 新田

石崎 了(根性をみせる南葛DF)、新田 瞬(大友中のエース)でした。

石崎についてはすでにタックル、ブロックのS技が出ている為、顔面パスカットSなんてのがくるかもしれません。新田についてはフェス限や国籍リンクを持っている強力な新田がいるため、どのようにして差別化してくるのか楽しみではあります。ドリコレでは比較的尖ったキャラが出てくるので、低い浮き球+100%なんてのがきたら面白いですね(笑)

潜在覚醒追加選手 大空 翼(王者南葛)日向 小次郎(取り戻した牙)

潜在覚醒追加選手

潜在覚醒をする選手が追加されます。大空 翼(王者南葛)と日向 小次郎(取り戻した牙)です。

初期からプレイされてる方の多くが持っている選手でしょう。特に大空翼は現環境下でもまだまだ通用するぐらいの強力なキャラです。その翼が強化されるのだから、こんな嬉しいことはありません。

反面、黒日向とも呼ばれたことのあるこの日向は多くのユーザーを困らせてきました。リリース当初にプレイした時はFWがいないと得点できないということで、リセマラランキング上位にいて、この黒日向から始めた方も多いと思います。ところが、実際はS技を持っておらず、すぐにリセマラランキング上位から落ちました。この黒日向がユーザーから疎まれるのは、ミキサーガチャにかけてもかけても、ガチャを引けば戻ってくる、さらには特技がついたもののスタミナ消費量減少というなんとも微妙な特技で使えないというのが原因でしょう。また、せっかく能力上限突破難関ステージの特効キャラにもなったものの、現在は特効キャラから外されてしまうなど、活躍するステージがなくなってしまいました。原作では大空翼率いる王者南葛と死闘を繰り広げ、同時優勝になるほど活躍しました。いや、翼にシュートを打ちこまなければ、ゴールに向かってシュートを打っていれば勝っていたはずです。なんとか牙を取り戻してほしいと切に願うばかりです。

ツバサ杯開催のお知らせ

ツバサ杯開催のお知らせ

ツバサ杯のお知らせもきました。ドリームカップの時に上位者のチーム分析をしようと思ったものの、気付いたら見られなくなっていましたので、今回は途中で上位者がどのようなチーム(属性、地域)、選手を使用しているかを調査してみたいと思います。おそらくチームを使い分けしていると思うので、1人2チームぐらいを目処に見ていこうと思います。

【チャレンジロード】

チャレンジロードのお知らせ

恒例のチャレンジロードもきました。ステージ30まではいつもどおりでしょう。

EXについては最近のガチャを引いて最新キャラを持っている人向けです。

EX1は三杉とシェスター、EX2はまだ見ぬドリコレ新田、石崎、EX3は火野、日本代表2018、EX4はブラジル代表2018、EX5はフェス限翼、クライフォートです。持っていない人は厳しい戦いになるでしょう。

全体シェア 全国シェア

全体シェア開催

全体シェアもきます。この機会にトレーニングメダル集めや強襲技、覚醒書集めをしておきましょう。

25日以降はランイベが始まり、月末にはドリフェスが開催されることでしょう。

 ※現在わかっているイベントスケジュールは以下のとおりです。

イベントスケジュール

イベントスケジュール

三杉淳の考察

【フィールドに舞う貴公子】三杉淳の考察

【フィールドに舞う貴公子】三杉淳

【フィールドに舞う貴公子】三杉淳

原作では心臓病というハンデを持ちながら、主人公大空翼をも圧倒するほどの天才的なプレイヤーです。今回、注目すべき点は、途中出場であればパラメータが20%アップするという点です。原作では途中出場で若島津から2点を取った上に、日向を抑え込むという活躍を見せました。それを再現できるかもしれないというのは原作ファンとしてはうれしいでしょう。

そして、ツイッターでも投稿しましたが、2018代表の葵に近い数値を持っています。この葵新伍はぶっ壊れとも言われるぐらい獲得した多くのユーザーがブラックボールを振って育てるなど、代表キャラの中でもトップクラスに優秀です。その葵に近い実力を持っているのです。弱いわけがありません。

【ザ・トップギア】葵新伍

【ザ・トップギア】葵新伍

その他にも、この三杉は潜在覚醒可能キャラで、自チームのパラメータアップ(中学生)、相手チームのパラメータダウン(海外選手)、必殺技封印、リカバーというのを持っているのが特徴的でしょう。

リカバーの潜在スキルによって、パス技を使った後にも行動不能時間がとても短いため、すぐに行動に移れるという大きな利点があります。

※リカバーについては代表カルツを用いて後日説明予定

ワンツー技がなくても、リカバーという潜在スキルによって疑似ワンツーができます。ボールの運び屋としてもとても優秀でしょう。

また、三杉がいるだけで相手チームの海外選手はパラメータ2%ダウンです。属性問わずに日本選手以外はパラメータダウンです。

さらに、オフェンス寄りの選手としては20%の確率でマッチアップした際に必殺技を封印するというのは大きいでしょう。特にキーパーはS技キャッチを封印されたとき、防ぐ手段を奪われる可能性があるため、とても脅威でしょう。

 

しかし、強力なキャラクターとはいえ、使い方が限定されるというのはマイナスでしょう。脅威を発揮できるのはあくまで後半以降です。前半からの使用であれば、通常キャラの範疇です。また、後半から使う選手にブラックボールを振るのか?という悩ましい問題も出てきます。フルタイムで常に力を発揮できる選手にブラックボールを振りたいのではないでしょうか?潜在スキルの自チームのパラメータアップについても、中学生のみです。現在、中学生編キャラクターで強力なキャラクターというのはかなり限られてます。多くのユーザーはフェス限や代表キャラ、WY編キャラクターを使用していると思われます。そうなると潜在スキルでのパラメータアップはもったいないことに三杉にしかからないということになります。

と、マイナスな点を述べましたが、それを差し引いても、十分強力なキャラクターには違いありません。

強化の方向性としてはオフェンス寄りの選手であるため、上限突破もオフェンス寄りになるでしょう。必殺技構成もオフェンス寄りでディフェンス技はパスカット値の方がタックル値より高いためパスカット技に変更した方が守りやすくなると思います。また、FWとしてのみ使うということでオフェンス技のみの選手にするのも面白い構成だと思います。

能力上限突破難関ステージ 特効キャラ変更

1月11日に能力上限突破難関ステージの特効キャラが変更となりました。

約1ヶ月で特効選手が変わったということもあり、今後は1ヶ月毎に特効選手の変更がありそうです。その特効選手というのも最近のガチャから選出されているため、多くの人にとって厳しい条件になりそうです。ただ、そのワンランク下の難易度は特に変更もなさそうなので、特効キャラを持っていない方はそちらのクリアを目指した方が良いです。一応、リーグメダル等の交換所キャラ等も特効キャラになっているので、絶対にクリア不可能というわけではありません。以下は一覧表です。

能力上限突破 難関ステージ 一覧

能力上限突破難関ステージ一覧

参考になれば幸いです。